マイホーム完成後にかかる費用は?

こんにちは!

兵庫県西脇市で注文住宅、リフォーム、リノベーションを手掛ける工務店「松岡住研」です。



家電購入費用は事前の予算組みが大切!


新しい家を建てると、最新の家電を使いたいという方も多いはずです。

最近では見せる家電などおしゃれなものが増えてきていますね。


・家電の買い替えを前提に洗面所やキッチンの広さを決める

・お掃除ロボットを購入する前提で専用基地を作る


家づくりと家電は切っても切り離せず、必要な家電を揃えていくとどうしても金額がかさばってしまいますね...(・_・;)


たとえば、洗濯機でも縦型とドラム式では値段が大幅に変わってきたり、スタイリッシュで大容量の冷蔵庫となれば、15万円以上は覚悟しておいた方がよさそうです。


家電にこだわりたいなら、事前に予算組みをしておくべきでしょう!(^^)/



どこまでお金をかけるか悩ましい家具購入費


あこがれのマイホームで素敵な暮らしを始めるとなると、どうしても新しい家具で揃えたい!となりますが、とはいえ、家具はグレードによって金額が大きく変わります。


・素材にこだわったおしゃれなダイニングテーブル

・広々とした座り心地のいいソファ

・今より大きなサイズのベッド


希望をすべて叶えようとすれば、家具だけで100万円を超えてしまうこともあり得るので、譲れない条件を決めて優先順位をつけ、予算と向き合って家具選びをすることが大切です(^^)/


また、生活に不可欠なカーテンなどもお忘れなく!

家具費用は予想外にお金がかかる部分なので、家族で相談しながら決めましょう♪


ついあれもこれも欲しくなる!チリツモの雑貨費用


「インテリアや小物、食器などにもこだわりたい!」という方も多いでしょう。


・シンデレラフィットの収納ボックスをそろえたい

・見せる収納を作ったから、おしゃれな食器をディスプレイしたい

・無垢材の床に合うグリーンを置きたい

などなど、夢はどんどん膨らみ、収納ボックス、食器類、観葉植物などは、単体で見るとそうでもない金額ですが、チリツモで考えるとそれなりの金額になることもあります(^^;


雑貨費用については、最初からすべてを完璧にしようとせず、暮らしながら揃えていくのがいちばんいいかもしれませんね(*^^*)


まとまったお金の用意が必須!

避けては通れない税金関係


マイホームを建てた後、注意しておきたい税金は2種類!

不動産取得税固定資産税について、わかりやすく解説します。



まずは不動産取得税


「不動産取得税」は、土地・建物など不動産を取得するとかかります。

不動産を取得してしばらくすると、市町村から納付書が送られてきますので、しっかりお金を用意しておきましょう。


不動産取得税を支払うのは、不動産を取得した一度のみで、支払い金額は「課税標準額×税率(宅地・住宅ともに4%)」で計算され、マイホームの場合は軽減措置があります。


不動産取得税の金額は土地や建物の評価額によって変わるため、もし不安なことや、分からないことがあればなんでもご相談ください♪



毎年支払う固定資産税


不動産を取得した後、毎年必ず発生する税金が「固定資産税」です。

固定資産税は「課税標準額×税率(1.4%)」で計算され、不動産取得税と同じく、マイホームだと固定資産税も軽減措置を受けられます!


固定資産税は、毎年変動するため注意!

土地は3年に1度評価が見直され、建物は経年劣化によって評価額が下がり、基本的には、年数が経つほど安くなる傾向があります。



まとめ

マイホームを建てた後に必要な費用をご紹介しましたが、書き出してみると結構な金額になるかと思います(-_-;)


引越した後に「こんなに出費がかさむなんて!」とならないために、やはり事前の準備がおすすめです♪

また、どの部分に費用をかけたいか、費用の優先順位を決めておくと焦らなくて済みますよ(*^^*)


分からないことは何でも大丈夫ですので一度ご相談いただければと思います!

お気軽にご連絡くださいね♪